荒川喜光容疑者 顔画像を公開!9歳女児に暴行 【茨城県ひたちなか市】

また児童への暴行事件です。茨城県ひたちなか市で場作業員の荒川喜光容疑者(43)が娘の顔を平手で殴り怪我をさせたという。何故幼い子供に対しての虐待ともとれる暴行が多いのか?

荒川容疑者の顔写真を公開!動機を調査します。

スポンサーリンク

事件の概要

またもや児童への暴行事件です。最近児童への暴行、虐待が数多く報じられるようになりましたが、まだまだ表沙汰になっていないケースもあるのでしょうか?

報道の内容を見ていきましょう!

茨城県ひたちなか市で、9歳の娘の顔を殴りケガをさせたとして、43歳の父親が逮捕、送検された。

傷害の疑いで3日朝に送検されたのは、工場作業員の荒川喜光容疑者。

警察によると、荒川容疑者は1日午前7時ごろ、ひたちなか市の自宅で小学3年生の娘の顔を平手で殴り、鼻に全治1週間のケガをさせた疑いがもたれている。

学校で教師がケガに気付き、娘が「家に帰りたくない」と話したことなどから、娘は児童相談所に一時保護された。

娘は実の子ではなく母親の連れ子で、荒川容疑者は朝起きられなかった娘に腹を立てて暴行したとみられ、調べに対し容疑を認めているという。警察は日常的な虐待があった可能性もあるとみて調べている。

出典;日テレNews24

という報道内容です。

学校で教師が怪我に気付き、娘が家に帰りたくないと話した為、児童相談所に一時保護された。今回は学校側の迅速な対応をした為に大事には至らなかった。

ある意味、学校側の勇気ある行動を賞賛すべきですね。少しでも疑わしい児童がいれば、

じっくり話を聞くべきでしょうね。

荒川容疑者のプロフィール

報道の内容を元に、荒川容疑者のプロフィールを作成していきます。

名前 荒川喜光(あらかわよしみつ)
年齢 43歳
住所 茨城県ひたちなか市
職業 工場作業員
容疑 傷害

というプロフィールです。

9歳女児は、荒川容疑者の娘ではなく、母親の連れ子だったということです。

しかし、子供なんて朝起きないものだという認識はなかったのでしょうか?

起きないからと言って、平手打ちしていたら、キリがないと思いますが。。

スポンサーリンク

荒川容疑者の顔画像

こちらが報道されていた荒川容疑者の顔画像です。

出典;日テレNews24

フードで隠れている為、顔全体がはっきりとはわかりません。

ひげ面である、事はわかりますが顔全体がわかりません。

Facebookは

荒川容疑者のFacebookを調べて見ました。

しかし、荒川容疑者と一致するアカウントが見当たりませんでした。

事件の現場は

事件の現場は「茨城県ひたちなか市」ということです。

詳細な住所まではわかっておりません。

こちらについては、わかり次第追記していきます。

スポンサーリンク

動機は?

さて、荒川容疑者の「動機」はなんだったのでしょうか?

荒川容疑者は警察の取り調べに対し、朝起きられなかった娘に腹を立てて暴行した

と供述しています。更に、警察は日常的な虐待があったと見て調べているとの事です。

警察が日常的な虐待があった可能性があると見ているのはどういった要素なんでしょうか?

例えば、体にあざが複数あったとかなのでしょうか?

全て私個人の憶測に過ぎません。最近「虐待」の報道が多いのは、栗原心愛ちゃんの一件が影響していると思われます。心愛ちゃんは不幸にも亡くなってしまいましたが、これを機に

ちょっとした事でも児相に通報というシステムが出来上がりつつあるのかな?と思いますね。

栗原心愛ちゃんの件では児相や学校がかなり後手に回り、最悪の結果を招いてしまいましたからね。。今後、このように迅速な対応が出来るシステムが構築される事を願いますね。

ネットの声

まさに氷山の一角、なぜ母親がこの男に惚れたのか、見抜けない程の付き合いで一緒になってはいけないと思う。

出典;Yahooコメント

連れ子を承知で結婚したならしっかり愛情をかけてあげる覚悟がない輩が多すぎる

氷山の一角でまだまだ多くの子供への虐待があるはず

学校が1番変化に気づきやすい場所

大人が守ってあげなくてはならないな

出典;Yahooコメント

最近教師が気づいて通報する流れになってきて良かったけど、この子がこの家に帰らされたら虐待が更に悪化しないか心配。母親の連れ子ならなおさら。。

出典;Yahooコメント

9才の女の子は、落ち着いてきてるし、叩くことはないと思う。帰りたくないと言う女の子を尊重してくれて良かった。結愛ちゃんの時に行政が動いてくれたら心愛ちゃんは助かったのに

出典;Yahooコメント

心愛ちゃんの犠牲により今こうして救われている子供達が何人か発見されてます。いい流れだと思います。心愛ちゃん、あなたのおかげです。

出典;Yahooコメント

本件は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする