八尋潤容疑者(29)共犯者の母親の名前は?顔写真は?またもや児童が被害に!【福岡県筑紫野市】

またもや児童虐待のニュースです。八尋潤容疑者(29)は8歳の長女の手を縛って水風呂に入れるなど暴行を加えた。後を絶たない虐待のニュース、なんとかならないものか?

顔写真や動機を調査していきます。

スポンサーリンク

事件の概要

また起きた児童虐待事件、最近よくニュースで報道されますね。。

家庭内ではわかりにくい虐待の数々、何とかならないものですかね?

報道の内容を見ていきましょう。

福岡県筑紫野市で8歳の長女の手を縛って無理やり水風呂に入れたり、繰り返し殴ったりするなどの暴行を加え、けがをさせたとして、母親と同居する29歳の男の2人が逮捕されました。

傷害の疑いで逮捕されたのは、福岡県筑紫野市の自営業・八尋潤容疑者(29)と同居する29歳の女です。

2人は先月、自宅で女の小学2年の長女に対し、両手首を縛って無理やり水風呂に入れたり、体を繰り返し殴ったりするなどの暴行を加えて、けがをさせた疑いが持たれています。長女は体の数か所を打撲するなどのけがをしました。

暴行を受けた翌日、学校で異変に気づいた教諭が児童相談所に通告したことで事件が発覚しました。取り調べに対し、2人は容疑を認めたうえで、女は「おねしょをしたのでしつけでやった」と供述しているということです。

出典;TBS NEWS

つい最近栗原心愛ちゃんが父親の虐待により亡くなってしまったばかりで

またこんな事件が起こってしまいました。

幸いにも学校で異変に気づき児童相談所に相談して事なきを得た。

良くはないけど、最悪の事態にならなくて良かったです。

スポンサーリンク

八尋容疑者のプロフィール

報道の内容を元に八尋容疑者のプロフィールを作成します。

名前 八尋潤(やひろじゅん)
年齢 27歳
住所 福岡県筑紫野市
職業 自営業
容疑 傷害容疑

というプロフィールです。

八尋容疑者はまだ若く27歳ということですね。

まずは、ご自分が社会性を身に着け、虐待は駄目だという事を

肝に銘じてほしいですね。

八尋容疑者は、被害児童の母親と内縁関係だったという事ですね。

しかし、水風呂って。。この寒い季節に。。

この八尋容疑者は水風呂に入ったことがあるのか??

私は昨日間違って、シャワーから水を浴びましたがそれでもかなり冷たいし寒かった。。

母親のプロフィール

母親の名前 非公開
年齢 29歳
住所 福岡県筑紫野市
職業 アルバイト
容疑 傷害容疑

母親の名前が公表されていませんね。何故でしょうか?

母と子って写真のような仲が良いイメージがありますが、この一家は違ったようですね。

今回は学校のないスプレーでしたね。すぐに児相に損談されたみたいなので、最悪の事態は免れましたね。本件は八尋容疑者と母親による児童虐待ですね。

この子は母親の子供なのに何故内縁の旦那と一緒に虐待をしたんでしょうね。

理解に苦しみますね。明らかに躾を超えたものだと思います。

八尋容疑者の顔画像

ネット等報道を見て見ましたが、八尋容疑者の顔画像は出ていませんでした。

わかり次第追記していきますね。

八尋容疑者のFacebook

八尋容疑者のFacebookを調べて見ました。しかし、本人と特定することはできませんでした。検索結果を載せておきます。興味のある方は見てください。ココ

事件現場

事件の現場となったのは、福岡県筑紫野市の自宅ですね。

詳細な住所がわかりません。こちらもわかり次第追記していきます。

スポンサーリンク

八尋容疑者の動機は?

八尋容疑者と被害児童の母親の動機は何だったのでしょうか?

母親は「おねしょをしたのでしつけでやった」と話しているという。

栗原心愛ちゃん同様、水風呂に入れられたという事ですが、この季節の水風呂が

どれだけ苦痛かわかってやってたんですかね?それに、お風呂は温まるための物でしょう?

両手首を縛って無理やり水風呂に入れたり、体を繰り返し殴ったりするなどの暴行を加えて、けがをさせたということです。この児童は複数のあざがあったということです。

この虐待は日常的に行われてたのでしょうか?

かなりつらかったでしょうね。今回は学校側が迅速に児相に相談した為、最悪の事態は防げましたが、あまりにも酷いニュースですね。。

ネットの声

親の懲戒権の範囲を大きく越えてる。
これは虐待であって、体罰ではない。

出典;Yahooコメント

こういう事件なかなか減らないというか
今でもどこかで児童が虐待を受けていると思う
子供は親の所有物ではないので
極刑を望みたい法律の改正を

出典;Yahooコメント

本件は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする