小森順一容疑者(35)顔画像を公開!余罪ありそう 強姦致傷事件で出所したばかり

小森順一容疑者(35)は強姦致傷事件で、収監されていた。刑期も終わり先月出所したばかり。しかし、また同じ罪を犯し逮捕されました。顔画像を公開!余罪についても。。。

スポンサーリンク

事件の概要

日本の性犯罪に対しての扱い、刑期は緩いと言われてきたが、遂にこんな人間が出てきましたね。これを機に性犯罪に対して厳しっくした方がいいのでは?報道の内容を見ていきましょう。

ツイッターで誘い出した女子中学生に乱暴し、現金を奪ったとして、警視庁下谷署は21日、住所不定、無職小森順一容疑者(35)を強盗と強制性交の容疑で逮捕した。小森容疑者は強姦(ごうかん)致傷事件で実刑判決を受けて服役し、先月18日に出所したばかりだった。

発表によると、小森容疑者は先月29日、東京都台東区のホテル一室で、都内の中学3年の女子生徒の両手を結束バンドで縛った上、「マジで殺すぞ」と脅して暴行を加え、現金約5万円を奪った疑い。ツイッターで「モデルをしたらギャラを払う」と投稿し、誘い出していた。容疑を認め、「ほかの女性にもやった」と供述しているという。

出典;読売on-line

という内容です。

小森容疑者は12月18日に出所したばかり。わずか一ヵ月足らずで以前逮捕された容疑と同様の犯行を行ったという事になりますね。何のために刑務所に入ったでしょうか?

更生の余地があるから刑務所に入って罪を償いながら教育を受けるのでは?と私は思ってました。更生しなかったのは刑期が短かったのかな?

小森容疑者のプロフィール

報道の内容を元に小森容疑者のプロフィールを作成していきます。

名前 小森順一(こもりじゅんいち)
年齢 35歳
住所 不定
職業 無職
容疑 強盗と強制性交の容疑

というプロフィールです。

今回の逮捕容疑は強盗と強制性交の容疑です。

以前、強姦(ごうかん)致傷事件で実刑判決を受けて刑務所に入っていたのに、

出てきてわずか一ヵ月で同様の罪を犯しました。更生の余地は無いのでは?って思ってしまいますね。。

スポンサーリンク

小森容疑者の顔画像

こちらが小森容疑者の顔画像です。


出典;テレ朝news

こちらが「凶悪犯」小森容疑者の顔画像です。

マスクをしている為顔の全貌はわかりません。

ただ、かなりの凶悪犯ですよね。許せませんね。

出所わずか一カ月のスピード再犯!以前の事件でも、一切反省していないのでしょうね。

小森容疑者のFacebook

小森容疑者のFacebookを調べてみました。同姓同名は居るものの、小森容疑者と特定できるアカウントは見つかってません。検索結果を載せておきます。興味のある方は見てください。ココ

事件の現場

事件があったのは東京都台東区のホテルの一室だという事です。

東京都台東区には無数のHOTELがあり、どのHOTELだったかはわかっていません。

ホテルの一室で都内の中学3年の女子生徒の両手を結束バンドで縛った上、「マジで殺すぞ」と脅して暴行を加え、現金約5万円を奪った疑い。ツイッターで「モデルをしたらギャラを払う」と投稿し、誘い出していた。

小森容疑者は凶悪犯でやってる事は最低ですね。。。

ただ、刑務所に入ってて、出てくるなりTwitterに書き込み、女子中学生の誘い出し、強盗、強姦ができてしまうってのが、恐ろしいですよね。

便利な反面、犯罪者がいとも簡単に中学生に接触できてしまうのは考え物ですね。

スポンサーリンク

小森容疑者の動機は

小森容疑者は動機については供述していません。しかし、前科もあり動機として考えられるのは、まずお金が欲しかったのと、自分の性癖によるものだと思います。

これっていわゆる「病気」だと思うんですよね。でも刑務所まで入って、全く治ってないのなら、どうしたらいいんでしょうね。刑期を伸ばすか、治るまでシャバには出さず病院で治療を受けるかしかないですよね。社会復帰は難しいのでは?と思います。

被害を受けた女子中学生の方も、殺されなくてよかったですね。

今後5万円でモデルとかうまい話には乗らないようにしましょうね。

ネットの声

色々突っ込みどころはあるが、中3女子が五万円も持っていた事に驚き
これってやっぱり、、、

出典;Yahooコメント 

性犯罪者の再犯抑止には、マインドコントロールも含めてあらゆる手段を用いてよいと思う。人権がどうのこうのとは言うけれど、凶悪犯罪を犯させないようにしてあげるのが、彼らの尊厳を保持することに繋がると思う。

出典;Yahooコメント 

もう病気やからブツを切り取るべきでは?
もしくは去勢手術必要でしょ。
そのくらいの法律作れば抑止力になるのでは?

出典;Yahooコメント 

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする