出来公一容疑者 身勝手な言い分と卑劣な犯行 顔画像は?

出来公一容疑者(41)は相模原市の市道にロープを張り、通りかかったスクーターの男性に軽傷を負わせた。こんな恐ろしい事して酷いですね。顔写真や動機を調査します。

スポンサーリンク

事件の概要

年末の忙しい時期に、とんでもないことをしてくれましたね。。。

しかもあり得ない位危険な行為、報道の内容を見ていきましょう。

神奈川県相模原市で道路に張られたロープでバイクが転倒し、運転手の男性が腰を打つなどのけがをした事件で、近くに住む41歳の男が逮捕されました。

相模原市のパート従業員・出来公一容疑者は26日午前3時半ごろ、相模原市南区の住宅街で道路にロープを張り、45歳の男性が運転するバイクを転倒させてけがをさせた殺人未遂の疑いが持たれています。警察によりますと、ロープを張って立ち去る男の姿が映った近くの防犯カメラの映像などから出来容疑者を割り出したということです。警察の調べに対し、出来容疑者は「日々のストレスの解消でやった」という趣旨の話をしていて、殺人未遂の容疑については「死んでもいいとは思っていませんでした」と否認しています。

出典;テレ朝news

出来容疑者のプロフィール

報道の内容を元に出来容疑者のプロフィールを作成します。

名前 出来公一(できこういち)
年齢 41歳
職業 パート従業員
住所 神奈川県相模原市南区相模台団地
容疑 殺人未遂(否認)

というプロフィールです。何をしてるんでしょうね。たまたま被害者は「軽症」で済んだからよかったものの、やってる行為は殺人未遂ですよ。死んでもおかしくない行為です。

いわゆる「未必の故意」ですよね。死んでてもおかしくない行為ですよ。

スポンサーリンク

出来容疑者の顔写真は

出来容疑者の顔写真を調べましたが、顔画像がありませんでした。

しかし、防犯カメラの映像で出来容疑者が暗がりで犯行に及んでいる映像があります。

出典;テレ朝news

こちらについてはわかり次第追記していきます。

出来容疑者のFacebook

出来容疑者のFacebookを調べてみました。しかし、ヒットするアカウントがありませんでした。

事件の現場

事件現場は、出来容疑者の自宅のすぐ近く、「ローソン相模原台店」の前の道ですね。

ローソンの反対側の電柱にロープを固定し、看板につなぎ、看板をローソン前まで持って来ている映像が映ってますね。

出典;テレ朝news

これが実際に貼られていたロープと思われます。

Googlemapストリートビューで見ても、このロープが写っていますね。

普段からこの位置に置いてあるのでしょうか?

スポンサーリンク

出来容疑者の動機

出来容疑者の動機は「日々のストレスの解消でやった」と言っています。誰でも日々の生活でストレスを感じたりすることはあると思いますが、こんな形でストレス解消するのは止めていただきたい。それにストレス解消になるのか?って思いますね。

自分のストレス解消のために他人を怪我させて言い訳ないですよね?殺人未遂容疑は妥当だと思います。出来容疑者は殺人未遂に関しては否認してますが、万が一打ち所が悪く死亡していたら「殺人罪」ですよ。

本件は被害者は軽症で済んだけど、やってることの悪質さを考えて量刑をしてほしいですね。

ネットの声

百歩譲って、死なせる可能性があったことを予想できないほど、おつむが弱かったとしても、怪我すらせず無傷で済むとでも思っていたのか?
ストレス解消のために見ず知らずの他人に怪我させてもよいという発想を持つ危険人物は、シャバに野放しにしておいてはいけない。
出典;Yahooコメント

ストレス発散させる為に人を傷つけていいわけないし、大怪我するの事が、想定される行為なんだから殺意があった事とみなし罪を償ってもらいたい。

出典;Yahooコメント

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする