谷津裕介 顔画像を入手 谷津国際特許事務所 卑劣な性的暴行 弁理士の男

あまりにも酷いわいせつ事件!傷害のある10代女性をホテルに誘い、

性的暴行を加えたとして、弁理士の谷津祐介(41)が逮捕されました。

谷津容疑者の顔画像は?家族は?調査し報告します。

スポンサーリンク

事件の概要

これは卑劣極まりない事件ですね。10代後半の「傷害のある女性」に対し、性的暴行を加えた。ありえませんね。。報道の内容を見ていきましょう。

障害のある10代の女性に性的暴行を加えたとして、埼玉県飯能市の弁理士の男が逮捕されました。

準強制性交の疑いで逮捕されたのは、

飯能市の弁理士・谷津裕介容疑者(41)です。

谷津容疑者は今年9月、さいたま市内のホテルで、10代後半の障害のある女性に対し、性的暴行を加えた疑いが

もたれています。警察によりますと、谷津容疑者は女性に「遊びに行こう」と声をかけ、ホテルに連れ込んだということです。

取り調べに対し谷津容疑者は容疑を否認しています。

これは酷いですね。報道の内容見ただけで気分が悪くなりました。

男で女性好きな人はいますが、これはそういう事ではなく、「犯罪」です。

更に社会的弱者を狙って行われた性的暴行です。かなり気分が悪いですね。ゆるせません。

谷津容疑者のプロフィール

報道の内容を元に谷津容疑者のプロフィールを作成します。

名前 谷津祐介(やつゆうすけ)
年齢 41歳
住所 埼玉県飯能市
学歴 春日部市立緑小学校
春日部市立緑中学校
埼玉県立越ヶ谷高校
埼玉大学理学部分子生物学科 卒業
職場 谷津国際特許事務所
家族構成 不明
容疑 準強制性交の疑い(否認)

というプロフィールです。

自分で「谷津国際特許事務所」を開設しているみたいですね。

家族構成は?

年齢から想像すると、妻帯者で子供がいてもおかしくないですよね。

詳細情報はわかりませんが、どうも妻子がいるみたいですね。。

でもですよ、妻子がいて家庭があるなると、犯罪の内容が内容だけに

家庭崩壊は免れないと思われますね。。。

奥様や子供が気の毒ですよね。。。

スポンサーリンク

谷津容疑者の顔写真

谷津容疑者の顔写真を入手、できてますが、公開は差し控えさせていただきます。

見た感じは、普通の真面目そうな人に見えますね。

見た目は立派です。しかし容疑のかかっている事は酷いですね。

Facebookを調べてみました。谷津国際特許事務所にリンクが張り出してあったので多分これだと思います。

興味のある方は見てください。ココ

谷津容疑者のブログが谷津国際特許事務所のHPにありました。

興味のある方は見てください。ココ

事件現場は?

事件の現場は「さいたま市内のホテル」とされています。

しかし、何所のホテルか特定はできていません。

いわゆる「ラブホテル」なのか、ビジネスホテルなのかも報道されていませんでした。

「谷津国際特許事務所」

職場の「谷津国際特許事務所」については、「谷津祐介」で検索するとヒットしました。

マップを載せておきます。
埼玉県さいたま市大宮区桜木町3丁目15−306


この事務所の所長と書いてありますね。自分で事務所をやってるのでしょうか?

バッチリ詳細な学歴から出身地まで書いてありますね。

2017年9月に居住地である飯能市で谷津国際特許事務所を設立と書いてあるので、独立したんですね。

スポンサーリンク

犯行の動機

谷津容疑者の犯行の動機ですが、今現在は犯行を「否認」しているため、

全くわかったいません。しかし、「障害のある10代後半の女性」に

「遊びにこうよ」とホテルに誘ってるわけですから、目的は一つですよね?

被害者の女性の障害についてですが、こちらについても全くわかっておりません。

知的障害なのか、体の障害なのかわかりませんが、あまりにも酷い犯行だと思いますね。

今は「否認」しているので何とも言えませんが、これが事実なら、ちゃんと被害者に謝罪、賠償をして反省し、罪を償ってくださいね。

ネットの声

オレも女好きには理解がある方だけど、それはダメだろう。
出典;Yahooコメント

厳罰を。余罪あるんじゃないか?
性犯罪者には厳しい罰則が必要

出典;Yahooコメント

弁理士って?

まあ資格が問題でなく、人として問題。
相手に障害があるならなおさら、罪は重い。
出典;Yahooコメント

酷すぎる!!人間としてやってはいけないことです。障害でも程度や色々と種類はあるけどうちの二人姉妹と自分も障害者。彼女のこれからの精神面が心配です。自分の娘たちと似た障害だからではないですがとても許せません!
出典;Yahooコメント

この件は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする