萩川未貴の動機は?顔写真や家族構成を調査 追記あり

萩川未貴容疑者(28)は祖父を刺殺したとして逮捕されました。

果たして、動機は何だったのか?他に家族は居なかったのか調査します。

スポンサーリンク

事件の概要


出典;朝日新聞デジタル

孫が祖父を病院内で刺殺するという痛ましい事件が起こりました。

事件があったのは、宮城県大崎市の大崎市民病院鹿島台分院で、祖父の功(こう)さん(88)の脇腹を持ち込んだ果物ナイフで刺して殺害したというものでした。

事件が発覚したのは、萩川容疑者が自ら鹿島台交番へ行き、「いま祖父を刺した」という、いわゆる「自首」したために発覚した。功さんは石巻市の病院に救急搬送されたが、約8時間後に死亡が確認された。病室からは犯行に使ったと見られている果物ナイフが血の付いた状態で見つかっている。刺して凶器になった果物ナイフをそのまま病室に置きっぱなしにしていたんですね。自ら自首もしてるし、隠す必要もなかったということなんでしょうか?


イメージ画像

功さんの病室は4人部屋で他にも患者さんがいたと見られています。何とも大胆な犯行ですね。入院前は功さんと萩川容疑者は同居していたという。殺害に至ったのは、もともとトラブルがあったのか?

功さんの檀家だった慈明寺の住職は功さんの人柄を「快活で温厚な人だった」と惜しんだという。

最近孫が祖父母を殺害するというニュースをちらほら聞きますが、一体何故このような事件が起こってしまったのでしょうか?

スポンサーリンク

萩川未貴容疑者のプロフィール

萩川容疑者のプロフィールです。

名前 萩川未貴
年齢 28歳
住所 宮城県大崎市
職業 無職
家族構成 両親、と功さんの4人家族

家族構成は両親と萩川容疑者、亡くなった功さんの4人家族だったということです。

家族間で何かしらのトラブルでもあったのでしょうか?報道ではまだ発表されてないのでわかりませんが、わかり次第追記していきます。

追記:新しい情報が

功さんの病室から女性の大声が聞こえ、駆けつけた看護師が、功さんのベッドの横に立つ、未貴容疑者の姿を確認していたことがわかった。未貴容疑者が退室したおよそ10分後に、看護師が功さんの出血に気づいたという。
出典;FNN PRIME

事件当時の情報がわかりました。事件当時、病室から女性の大声が聞こえた、更に、萩川容疑者が退室した10分後に看護師が出血に気づいたということですね。功さんは、会話や歩行ができず、介護が必要な状態だった。何故このような身重の状態の祖父を殺す必要があったのか?動機が気になりますね。警察の調査が待たれます。

萩川容疑者の顔写真は

萩川容疑者の顔写真を調べて見ました。


出典;FNN PRIME

ジャンバーで顔を隠しており、はっきりと確認はできませんが、眼鏡をかけていますね。

なんか暗いイメージの女性ですね。

Facebookを調べて見ましたが、一致するアカウントはありませんでした。

検索結果を載せておきます。興味のある方は見てください。ココ

追記:犯行の動機は

11月2日の報道では、「刑務所に入りたかった」という趣旨の発言をしているということが新たにわかりました。自ら鹿島台交番へ自首している点、最初から殺すつもりで果物ナイフを持参している点を考えるとかなり強い殺意が感じられます。家族間トラブルではなく、自分が刑務所に入りたかった為に、入院中の祖父を殺害したということなんですかね?それはそれであまりにも酷い動機です。

事件の現場

事件の現場は「宮城県大崎市民病院鹿島台分院」です。ここに祖父の功さんが入院していました。功さんの入院している病室で起こりました。

犯行後、道路を挟んですぐの鹿島台交番へ自首しています。わずか350mの距離ですね。最初から自首しようと決めていたのでしょうか?

ネットの声

〇放っておいても時間の問題であったろうに…(不謹慎)。

それを殺意を持って刺すとは余程、他人にはわからない強い恨みがあったのだろう。

そう言った気持ちを持ったとしても、実行してはやはり駄目です。

〇なぜ、そのような殺意が芽生え、実行してしまったのか。
孫である容疑者は、極端に感傷的になり、とっさの行動とは思えない。
むしろ、自分を主張したかったのではないかと思う。
犯罪を犯す事は当然、いけない事です。しかし、彼女の置かれていた環境や抑圧された何かがあったのではないかと思います

〇入院中で弱っているにもかかわらず、殺すつもりで刺したことを考えると可能な限りで詳しい動機等は知りたいもの。これだけでは詳細が分からず、具体性にも欠ける。

出典;Yahooコメント

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございました。この事件はまだまだ判らないことがいっぱいあるので、わかり次第追記していきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする