草本直樹 見知らぬ家に火をつけ 自ら警察に「自首したい」  顔写真は?

広島県呉市で見知らぬ人の家に火をつけ、自ら警察に「自首したい」と電話してき

草本直樹容疑者(31)一体何故火をつけたのか調査してみます

スポンサーリンク

事件の概要


イメージ画像

現住建造物等放火などの疑いで逮捕されたのは呉市宮原の無職・草本直樹容疑者(31)です。
警察によりますと草本容疑者は、きのう午後1時半ごろ呉市警固屋の71歳男性の住宅に侵入し、マッチで火をつけた疑いが持たれています。


火はおよそ2時間半後に消し止められましたが、木造2階建て住宅およそ170平方メートルを全焼しました。
住民の男性と妻は出火当時、外出していたため無事でした。

草本容疑者は火をつけたおよそ1時間後に「家に火をつけた。自首したい」と警察に通報してきたということです。
草本容疑者と被害者に面識はなく警察は火をつけた動機などについて調べています。

出典;広島ニュースTSS

スポンサーリンク

草本直樹容疑者の詳細情報

氏名 草本直樹
年齢 31歳
住所 広島県呉市宮原
職業 無職

2人に面識もなく、全く知らない人みたいです。めちゃめちゃな事しますよね。

幸い、71歳男性夫妻は外出中で被害者は出なかったが、一歩間違うととんでもない被害がでてましたよ。

草本容疑者は隣町の住民みたいです。全く面識のない人の家に侵入し、マッチで火をつけたと。この男性宅は全焼してしまいました。

火をつけたおよそ一時間後に自ら警察に通報、「家に火をつけた。自首したい」と。

自首は当然ですが、賠償もして下さいね。

顔写真は?

Facebookのアカウントを調べて見ましたが、一致するアカウントが見つかりませんでした。

引き続き調査いたします。

被害者の男性

出典;広島ニュースTSS

(Q犯人を知っているか?)「知らない、顔を見たこともない。腹の中は煮えくり返るがそういうことを言ってもしょうがない。あしたの生活を考えないと」

正直、見も知らずの草本容疑者に、うちに侵入されて火を付けられ、すべてを失ったわけですから、当然はらわた煮えくりかえってるに決まってますよね。

でも幸い、外出中で入的被害はなかったので、不幸中の幸いですね。

スポンサーリンク

火をつけた広島県呉市警固屋の住宅

放火したのは呉市警固屋の住宅、草本容疑者の自宅は隣町の呉市宮原です。

ホントの近所ですね。

まとめ

放火なんてとんでもない犯罪です。隣近所に燃え移ったら大変な事になってますよ。

幸いなことに今回、被害者はいなかったので良かったですが、動機等警察の取り調べを待ちましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする