真田かよ子容疑者(73) 介護に疲れたと息子を殺害 顔写真は?

徳島の鳴門市で、体の不自由な息子を殺害したとして、真田かよ子容疑者が逮捕されました。

息子は身体が不自由で寝たきり状態だった。

かよ子容疑者は何故息子を殺してしまったのでしょうか?

スポンサーリンク

事件の概要

殺人の疑いで逮捕されたのは、鳴門市の会社員・真田かよ子容疑者(73)。

かよ子容疑者は、7日午前0時すぎ、自宅のベッドに寝ていた次男の修志さん(49)の首をロープで絞め、殺害した疑いが持たれている。

家には、かよ子容疑者と夫(76)、修志さんの3人が暮らしていて、体が自由に動かせない重い病気を患っている修志さんを、かよ子容疑者が10年にわたり介護していたという。

近所の人は、「信じられない。奥さんは話も気軽にしてくれるいい人」と話した。

調べに対し、かよ子容疑者は、「介護に疲れた」と容疑を認めている。

出典;FNN PRIME

スポンサーリンク

かよ子容疑者は、自らの手で息子の修志さんの首にロープをかけて、締めて殺害したという事です。体の不自由な息子を不憫に思っての殺害か?

かよ子容疑者は10年にもわたり介護をしていて、「介護に疲れた」と容疑を認めているという。かよ子容疑者は、夫と息子の3人暮らしでした。

介護疲れで息子を殺害してしまうという、なんとも悲しい結末になってしまいました。

かよ子容疑者は会社員

かよ子容疑者のプロフィール

名前;真田かよ子(さなだ かよこ)

年齢:73歳

住所:鳴門市

職業:会社員

となっています。73歳で会社員ってのは、かなり頑張っているように思えますね。

息子の介護、更に仕事とかなり忙しい日常だったと思われますね。

スポンサーリンク

事件のあった自宅

こちらが事件のあった自宅になります。

映像で見る限りかなり立派な自宅ですね。73歳で介護しながら社会人もしていたということです。かなり疲れていたと思われますね。

事件当日、真田かよ子容疑者が納屋にいたところを夫に発見され事件が発覚したということです。

近所での評判

出典;FNN PRIME

近所の人の話によると、かよ子容疑者は気軽に話をしてくれる良い人と非常に評判も良かったみたいです。とにかく信じられないといった感じでした。

かよ子容疑者のFacebookは?

こちらで調査した結果、一致するアカウントがありませんでした。

他に報道等を調べて見ましたが、顔写真等は公表されておりませんでした。

わかり次第追記していきます。

ネットの声

〇高齢のご夫婦で息子の介護はさぞ大変だっただろう。
殺人を手放しで肯定するわけではないが、相当追い詰められての結果だったんだろうなぁと思うと辛い。

〇73歳といったら介護される立場の人もいるわけで。。。
体力や気力の衰える中の介護は疲れたなんてものではなかったはず。
結局、こういう方を救う手立てを考えていかないと、日本全体の閉塞感はなくならない気がする。

〇部落の担当の民生委員、役場の人に相談して、施設に入居出来たら避けられたかも。障害者介護してる家把握して家庭訪問してもらいたかった。
老人施設より、格段に少ない障害者施設。
両親が高齢、虐待の可能性あると入居しやすくなるし、費用も生活保護段階だと数万円かな。でも年金だけではキツイか。

出典;Yahooニュース

かよ子容疑者に対して同情する意見が多くみられますね。。。

介護に疲れた。。という理由で殺害してはいけない、という事はわかってますが、

本当に疲れてたんだろうな。とも思いますね。

この「介護」に関しては今や日本ではどこの家庭でもある問題だと思います。

このニュースは私自身、考えさせられる内容でした。

亡くなられた修志さんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする