ひろしまフードフェスティバル2018 1日では回りきれない、広島最大級の大きなスケール! 

今年で14回目になる「ひろしまフードフェスタ2018」が開催されます。

今年も広島の秋恒例のイベント であるこのフードフェスタ、「地産地消」をテーマに掲げ、 広島県内の海の幸、山の幸など名産・特産品を一堂に集めます。食欲の秋ならではの食の祭典です。1日では回りきれない、食べきれない大きなスケールのフードフェスティバルです。

スポンサーリンク

ひろしまフードフェスティバル2018

焼き牡蠣、焼豚…広島グルメが大集結!ということで、いろいろな所にグルメ屋台があり、広島ならではのおいしい食べ物を味わうことができます。 広島県内全23市町大集合ということなんで、広島県を知るにはまず、広島のグルメからですよね。

出典;ひろしまフードフェスティバル

広島牛や黒瀬牛、近隣県からの出店もあり、「肉」はかなり充実してます。

更に、広島といえば「牡蠣」ですね。牡蠣を始めとして 広島県内の海の幸、山の幸など名産・特産品が登場します。

スポンサーリンク

ひろしまフェスティバル2018 日程などの詳細情報

名称 ひろしまフードフェスティバル2018
開催日時 2018年10月27日(土)28日(日)

10時~17時

開催場所 広島城とその周辺および中央公園

入場料 無料
アクセス JR新白島駅から徒歩約10分

市内電車
「紙屋町東」または「紙屋町西」電停から北へ徒歩約15分

バス
「合同庁舎前」バス停から徒歩約8分、「広島バスセンター」から徒歩約12分

来場者数 80万人

スポンサーリンク

ひろしまフェスティバル2018 出店ブース イベント

殻付焼き牡蠣の即売、各市町の故郷の味、各種米飯、麺類など
1日では回りきれない、食べきれない大きなスケールのイベントで、
2018年もおよそ400ものブースが並ぶ予定です。広島の食のみならず、広島の「風土」も重視しており、会場のシンボルである広島城では伝統芸能の神楽上演をはじめ、武将も参上し、歴史絵巻を展開する予定となっています。
出典;ひろたび


こちらは地産地消ブースです。広島の物や、近隣県の物も出品されます。
沢山のブースが出店しており、目玉の一つになりますね。



出典;食記ドットコム~広島食べ歩きグルメブログ

ひろしま牛以外にも、黒瀬牛の丸焼きとか、牛の丸焼きだけで毎年2~3ブースはあります。

肉を食べる為、だけに毎年来場されてる人がいるくらい肉のブースは満足感がありますね。

確かに、写真で見るだけで「牛の丸焼き」は食欲をそそりますね。

スポンサーリンク

food-04
出典;食記ドットコム~広島食べ歩きグルメブログ

すごいボリューム!この日は炭水化物は要りません。肉だけで満足ですね。

ローストビーフに焼きあがったお肉は、ご飯のおかずとしては当然ですが、ビールのつまみとしても最高ですよね。見てるだけでよだれが出そうですね。

出典;ひろたび

こちらは日常生活ではあまりお目にかかれない「岩魚の串焼き」です。
肉だけではなく、魚介のブースも結構出てますね。美味しそうですね。

2017年、キリンビバレッジブース「最強のまぜめし」選手権です。
大人気のイベントで、各日300食限定でした。

2018年はまだわかってませんが、昨年度は大好評ですぐに売り切れてしまったそうです。もし2018年もあれば、朝一番でゲットしましょうね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ひろしまフードフェスティバル 駐車場は

会場の広島城周辺には沢山の駐車場がありますが、フェスティバル当日はすぐに満車になってしまう恐れがあります。出来るだけ電車やバスの利用をお勧めします。

公共交通機関で快適にひろしまフードフェスティバル2018を楽しむほうが無難ですね。

名称 収容台数
広島市中央駐車場 406台
広島県立総合体育館駐車場 200台

この他に広島市総合体育館「グリーンアリーナ」の付近には、工夫されたアクセスによって集約されている駐車場群があります。

それが「もとまちパーキングアクセス」と呼ばれるものです

体育館駐車場を含めたいくつかの駐車場が地下で結ばれ、2箇所の入口からすべてにアクセスできるようになっています。全部で1452台駐車できます。

更に無数のコインパーキング、駐車場があります。

こちらをすべて合わせると1300台駐車可能なんですが、

それでも早い時間から満車になる可能性があります。

ひろしまフードフェスティバル2018をお車で行こうとお考えの方は早め早めの行動を心がけましょう!

任意の番号をクリックしていただけたら、詳細情報が見れます。是非活用してください。

まとめ

ひろしまフードフェスティバルは広島最大級のイベントです。

行ってみる価値は十分にありますよ。

グルメが豊富な広島県のフードフェスティバルなので、期待せずにはいられないですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする