【大阪】パチンコ123玉出店 薬品まかれる 男が逃走 12人が病院へ搬送 

大阪市西成区のパチンコ店「123玉出店」店内で客が薬品を巻き、12人が病院に搬送されました。

スポンサーリンク

事件の概要 男2人が喧嘩?


出典;朝日新聞デジタル

17日午後8時40分ごろ、大阪市西成区玉出中2丁目のパチンコ店「123玉出店」で、男2人が喧嘩をしており、そのうちの1人がスプレーで薬品のようなものをまいた、と男性従業員から110番通報があったという。客同士のトラブルか?その後男2人とも現場から立ち去ったという。

大阪府警や市消防局によると男女約30人が目などに痛みを訴えて手当てを受け、12人が病院へ搬送された。いずれも軽症だという。

軽症とは言え、12人が病院に搬送されたということなんでかなりの大ごとですよね。

喧嘩していた2人は逃走


イメージ画像

男一人がスプレーなようなもので薬品をまいている防犯カメラ映像もあるということです。

西成署は傷害事件の可能性があるとみて男の行方を追っているということです。

パチンコ店は店内の防犯カメラがかなりの台数が設置されているので逮捕も時間の問題でしょうね。

一体なぜ喧嘩してたのでしょうか?

更に、何のスプレーを持ってたのでしょうか?

偶発的な喧嘩ならそんなスプレーなんて持ってないでしょうから、

計画的な犯行なんでしょうか?

30人もの人が、目などに異変を訴えていて、12人が病院に搬送されたという。

このスプレーは一体何なのでしょうか?護身用の催涙スプレーかな?

事件現場は「123玉出店」

現場は大阪メトロ玉出駅の北約200メートルの国道26号沿い。午後9時過ぎに店の前を通りかかった男性会社員(20)は、担架にのせられた人が店から外に運び出されるところを目撃した。「10人以上いた。みんなグタッとした様子だった」と話す。

店の1階にいた男性会社員(42)は午後9時過ぎ、店外に出るよう消防署員に促された。「薬品がまかれたと言っていた。今思えば、その10分ほど前からのどに痛みを感じた。異臭は感じなかった」と話す。

出典;朝日新聞デジタル

とにかく、皆さん軽症でよかったです。

犯人を逮捕して動機を調べていただきたいですね。

ネットの声

〇負けた腹いせかな?防犯カメラがあるから逮捕は時間の問題だと思う

〇なんか逃走者ばかりですね。
その辺りに富田林からの
原付走ってないですか?

〇実にパチ屋は危険なところだ。カネ吸い取られるし、下手すりゃこういう犯罪に巻き込まれるし、名古屋じゃ台を巡って客が客刺し殺してたし。

〇正直どんな薬品か興味ある。
アンモニアではなさそうだし。

〇ずっと負けてイライラしてたのかな?
巻き込まれたくないよね。
そのうち、店員とか刺されたり大きい事件が起こる予感。

〇何があったかは知らんが…
今どきそうそう勝てる台など置く店自体少ないし、ギャンブル依存症の問題もあるし、パチ屋は潰れても良い、いやむしろ潰すべきとは思うが、だからと言って人を巻き込むのはお門違い。

出典;Yahooニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする