【群馬】中之条町 8か月の男の赤ちゃん 車内に放置 死亡

群馬県の中之条町で8か月の男の赤ちゃんが5時間半にもわたって放置、その後死亡しました。

スポンサーリンク

概要


出典;TBSnews

スポンサーリンク

またまた車内で子供が熱中症になり死亡する事故がありました。

父親の実家でもある群馬県中之条町の集合住宅で母親から「子供が熱中症の症状が出ている」

と119番通報がありました。

男の子は生後8か月の赤ちゃんで車の中で心肺停止の状態で見つかり、その後、死亡しました。

なんと5時間半にわたって車内に放置されていて、熱中症の疑いがあるということです。

男の子は両親とともに埼玉県から父親(30)の実家を訪れていて、午前4時半ごろ外出先から戻った際に、男の子が寝ていたことから、車内に残したまま両親は就寝したということです。

その後、午前10時前に父親が様子を確認したところ、呼吸が荒くなっていることに気がつきました。男の子に目立った外傷はなく、警察は、熱中症で死亡した可能性もあるとみて調べています。前橋地方気象台によると、同町の午前10時の気温は25.9度だったという。

中之条町に朝4時に到着して、通報までの間、男の子は車中のチャイルドシートに置き去りにされていました。その時間は何と5時間半!

スポンサーリンク

この日、埼玉県本庄市から父親の実家である群馬県中之条町に来ていたということです。

Googlemapで移動距離を調べてみました。

関越自動車道経由で来たとしたら、移動距離はおよそ63kmでさほど遠くはないですね。

これは深夜に移動したのでしょうか?朝4時半頃から車内で寝ていたと報道されてますが、

その前は何をしていたのでしょうか?午前4時半ごろ外出先から戻った際に、男の子が寝ていたことから、車内に残したまま両親は就寝した、と報道されてます。

昼間の炎天下に比べたら25.9度は涼しいかもしれませんが、「熱帯夜」の気温ですよね。

これは両親もかなり悔やんだでしょうね。

8月3日に同じように長崎で車内に放置したために1歳女児が亡くなっています。

3日午後2時半ごろ、長崎県波佐見町の民家横の駐車場に止めていた車の中で、女児(1)がぐったりしているのを祖父が見つけ119番した。県警川棚署や消防などによると、女児は心肺停止の状態で病院に搬送されたが、死亡が確認された。熱中症とみられる。
県警川棚署によると、女児の家族は午前中に車で外出して帰宅していたという。発見された際、車内には女児だけしかいなかったとみられる。

出典;時事ドットコムニュース

スポンサーリンク

ネットの声

〇8ヶ月の子供をそんな長時間放置する?
暑い時期でなくても問題でしょ。

〇この子の両親も祖父母も、この子のことを大切に思っていなかった。大切に思っていたなら、車内に放置したりしないし、誰かが止めたはず。1人もこの子のそばにいてやらなかった。ちゃっかり自分達だけは家で寝て、、、最低な家族。

〇もし仮にやったとしても15分おきごとに様子見に行くわ 起きるかもしれんし
その父親も祖父母も何考えているんだか

〇また?
こんなに注意喚起してるのになんで分からないんだろ。
そして放置時間、尋常じゃないし。
亡くなった子どもがとてもかわいそうです。

〇8か月の子を車に置いておくって親の行動が全くわからんわ。
どんだけ辛いか自分で入ってみ?
その子にだって人生があったのに可哀そう過ぎる。

出典;Yahooニュース

このご両親もさぞ悔やんで後悔してるでしょうね。

でも「ちょっと位大丈夫だろう」がこんな事になってしまうんですよ。

こういう報道は頻繁にされてるし。悔やんでも悔やみきれない結果になってしまうんですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする