【京都】舞鶴港に「ヤッターワン」登場! ヤッターマンには欠かせないメカ

京都の舞鶴港にヤッターワンが登場!待合室で展示されているという。

スポンサーリンク

実物のヤッターワン登場?


出典;京都新聞

人気アニメ「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」に登場する犬型ロボット「ヤッターワン」の巨大模型が舞鶴市松陰の舞鶴港第2埠頭(ふとう)の旅客待合室で展示されている。京都機械金属中小企業青年連絡会(事務局・京都市山科区)の制作で、クルーズ船客を出迎えている。
模型は高さ約3メートル、重さ約1・5トンの鉄製。府内のものづくり企業80社の若手経営者らでつくる同連絡会が技術をPRするためパーツごとに分担し、2013年から4年かけて作り上げた。アニメの原画やプラモデルを参考に鉄板などを加工して口元やヘルメットの曲面も忠実に再現している。
京都市内で披露後、展示場所について府と相談。乗客の出入りが多いクルーズ船シーズンまで同港に置くことになり、7月中旬に設置した。クルーズ船「コスタ・ネオロマンチカ」が第2埠頭に入港した際に一般の人も見ることができる。
同連絡会は「舞鶴港の新たな名物として親子連れなど国内外の人に見てもらいたい」と話している。問い合わせは府港湾局0773(75)0192。

出典;出典;京都新聞

高さが3メートル、重さ約1.5トンとスケール感も本物か?と思う大きさ。

スポンサーリンク

ヤッターマンとは

タイムボカンシリーズ ヤッターマンは、1977年1月1日から1979年1月27日までフジテレビ系列で毎週土曜18時30分 – 19時00分(に全108話が放映された。タイムボカンシリーズの2作目だった。

その後、日本テレビ系列で2008年1月から2009年9月まで放映された連続テレビアニメシリーズ。そこに登場するのがヤッターワン。

第一話での話ですね。それからはヤッターマンには欠かせない乗り物?ロボット?になりました。私のイメージでは消防車でしたね。犬型のしゃべる消防車ロボットと思って見てました。


出典;ヤッターマンがいる限り

画像は左からアイちゃん、サイコロみたいなのがオモッチャマ、ガンちゃん、そしてヤッターワン

ヤッターワンができたいきさつ

オモチャ屋の息子・ガンちゃんは、父親が製造途中で放棄してしまった大きな犬型のロボットをガールフレンドのアイちゃんと一緒に密かに完成させる。しかしガンちゃんは父親がロボット犬を金儲けの道具にしか使わないであろうことを危惧し、このロボット犬を正義のために役立てることを考え制作、これがヤッターワンなのだ!ガンちゃんも自らも正義を守るヒーロー『ヤッターマン』となることを決意した。

スポンサーリンク

ヤッターワンが展示されている場所


舞鶴市松陰の舞鶴港第2埠頭(ふとう)の旅客待合室で展示されている。

京都機械金属中小企業青年連絡会「舞鶴港の新たな名物として親子連れなど国内外の人に見てもらいたい」と話している。

問い合わせは府港湾局0773(75)0192

まとめ

ガンダムも実物大のがありましたが、ヤッターワンも見ておきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする