【インド】インド最高裁 被告の死刑判決を支持 2012年の23歳女子学生集団強姦事件

インドの最高裁が被告の死刑判決を支持。

男らは強姦後、女性を鉄の棒で殴りバスから放り出した。

病院に運ばれたが2週間後に死亡。

スポンサーリンク

概要

ニューデリー(CNN) インドの首都ニューデリーで2012年、23歳の女子学生が集団によって強姦され死亡した事件で、インド最高裁は10日までに、有罪となった被告らへの死刑判決を支持する判断を下した。

死刑判決を受けた4人の被告のうち3人が減刑の嘆願書を提出していたが、最高裁がこれを退けた。残る1人の嘆願書は来週提出される予定。

被害者の女性の母親は裁判所の判断に感謝を表明しつつ、インド国内で蔓延(まんえん)する性犯罪の被害に遭った他の女性たちにも言及。「被告らが実際に絞首刑になるまでは、娘や他の女性たちに対して正義がなされたとは言えない」と強調した。

出典;CNN.co.jp

スポンサーリンク

ひどい事件ですね。インドではあまりにも女性の地位が低すぎると思います。

カースト制度の影響もあると思われますが、先進国とは思えないレベル。

女性の権利が全くないような気さえする。

12年12月、被害者の女子学生は友人とバスに乗っていたところを男6人に襲われ強姦された。男らは女性を鉄の棒で殴り、バスから放り出した。重傷を負った女性は病院に運ばれ治療を受けたが、内臓の損傷が原因で約2週間後に死亡した。

逮捕された6人のうち、年少の1人は3年間の少年拘置所送りとなった。別の1人は13年に勾留施設内で自殺。残る4人に同年、ニューデリーの高等裁判所が死刑判決を言い渡していた。

出典;CNN.co.jp

集団で強姦した後に鉄の棒で殴り、バスから放り出すって。。

悪魔の仕業か?って思えるような行為ですね。。

信じられません。

インドにおける強姦の数は諸外国に比べて少ないらしい

強姦はインドにおいても凶悪犯罪であるが、年々増加傾向にある。インドでは、この事件がきっかけで性暴力に抗議するデモが相次ぎ、強姦事件の厳罰化につながったという。

12億人の人口大国ゆえに強姦数が多いが、2008年から2012年の期間にわたって人口10万人あたりの強姦の発生件数は1.9件から2.0件であり、欧米やアフリカ諸国、中南米、東南アジアや大韓民国に比べはるかに少ない。

しかしながら、強姦事件の9割で被告が無罪・釈放になっているとの指摘もあり数字だけでは判断ができない現状がある。

出典;Wikipedia

スポンサーリンク

この「数」に関しては多いか、少ないかではないと思います。

インドは今や「先進国」、女性の権利が低いとか、女性蔑視をしてはいけない国だと思いますよ。世界的に女性の社会進出が著しい昨今、こんな事をしててはダメですね。

ちゃんと政府レベルで国民のモラルの教育をしていくべきではないでほうか?

ムンバイの病院で発生した強姦事件

Aruna Shanbaug.jpg

出典;Wikipedia

アルナはキングエドワード記念病院の看護師、1973年11月27日に、ムンバイにあるこの病院で被害にあった。その後40年近く意識を取り戻さないまま2015年5月18日、66歳で死去した。犯人の男は7年間の服役の後釈放されているという。

アルナさんはよほどの恐怖だったんでしょうね。。

40年もの間、意識を取り戻さずに亡くなるって。

それだけ恐ろしかったんでしょうね。

それだけの事をしておきながら、犯人は7年で釈放って納得いきませんね。


スポンサーリンク

ネットの声

〇逆強姦殺害の刑が妥当と思う。

〇今までインド政府が性犯罪をビシビシ取り締まってこなかったからインド名物になってしまったんだろ。外国人にインドそのものが敬遠されて当然だな。

〇鬼畜の所業としか思えないが、カーストがあるし、向こうの人に対する情とかについてはたぶん理解できないんだろうな。

〇安い性処理の場がないと逆にこのような事件が増える。女性ばかりが襲われるイメージがあるかもしれないが少年も多数ヤられてると思う。そしてその少年も将来少年を犯す事になる。
世界の宗教は現実の性の問題から目を背けてはいけない。

〇自分たちの欲求のみで女性を棒で殴り死なせておいて、嘆願書って都合良すぎない??
最高裁の判断は正しいと思う。
このような判断をしてかないと、インドの性犯罪は減らない。

出典;Yahooニュース

当然ですが、インド人がみんなこんな人たちではないと思います。

この強姦罪をする人間はほんの一部だと思います。

報道でそういうイメージがついてしまってますが、数が多すぎるわけではない。

欧米の方が比率で言ったら多いんですよ。

日本にもインドの方々がたくさん来られてますが、良い人たちですよ。

私はそう思いますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする