【神奈川】旧大口病院 久保木愛弓容疑者(31)殺人の疑いで逮捕 顔画像あり

大口病院事件で元看護師の久保木愛弓容疑者(31)を殺人の疑いで逮捕しました。

スポンサーリンク

概要


出典;カナロコ

スポンサーリンク

おととし、横浜市の病院で点滴の薬剤などに異物が混入され入院患者2人が中毒死した事件で、警察は当時、勤務していた31歳の元看護師の女が点滴に消毒液を入れたと認めたことなどから、死亡した2人のうち1人に対する殺人の疑いで逮捕しました。

警察は取り調べを進め動機や詳しいいきさつを調べることにしています。
逮捕されたのは横浜市の元看護師、久保木愛弓容疑者(31)です。
横浜市神奈川区の旧「大口病院」では、おととし9月、同じ病室に入院していた西川惣藏さん(88)と八巻信雄さん(88)が相次いで中毒死しました。
2人の遺体などから、消毒液などに含まれる「界面活性剤」が検出されたたため、警察は、何者かが点滴の薬剤などに消毒液を混入させた殺人事件として捜査していました。
その結果、当時、看護師として勤務していた久保木容疑者が点滴に消毒液を入れたと話したことなどから、2人のうち西川さんに対する殺人の疑いで逮捕しました。
捜査関係者によりますと調べに対し容疑を認めているということで、警察は取り調べを進め動機や詳しいいきさつを調べることにしています。

出典;NHK

スポンサーリンク

遂に容疑を認め、殺人の容疑で逮捕されましたね。

久保木容疑者が点滴に消毒液を入れて殺人したと供述したということですね。

混入したのは界面活性剤

界面活性剤というのは、水と油という本来溶け合わないものの間を取り持って、溶けたような状態をつくるものです。そのしくみを利用して、油分を含んだ汚れを落としたり、乳液やクリームなどのスキンケアでは水と油を混ぜ合わせたりしているのです。

これを点滴に混入し殺害したということですね。

20人ぐらいやった

久保木容疑者は「他の入院患者の体内にも消毒液を入れた。20人ぐらいやった」とも供述。動機については「自分が勤務のときに亡くなると、家族への説明が面倒だった」などと説明したという。

久保木容疑者の顔画像は?

出典;http://www.livenan.com/archives/24860140

久保木愛弓容疑者の顔写真です。

旧大口病院の場所

スポンサーリンク

ネットの声

〇闇の中に葬られないで良かった。
医療関係者が患者の命を故意に奪う事は絶対に許されない。

〇多分関係者はわかっていたんだろうな。
やっと証拠が揃ったということか。

〇なんかうやむやになりそうだったけど、看護士も安心して頼れなくなりそう

〇拘縮も強く寝たきりで頻回に吸引もしなければならない人を見ると、早く楽になって欲しいなんて思う。しかし、洗剤入れるとか、殺害の人数も多く、そう言う情で殺したのとは違うだろね。
快楽の為なのかな?って思ってしまう。

〇証拠固めされて観念したのか。
よく逮捕まで持ち込めたと思う。
被害者は二人ではないと思うが追求は厳しそう。

出典;Yahooニュース

最終的な被害者は何人になるんでしょうね。

その辺も今後情報を追記していきます。

関連記事:【神奈川】旧大口病院 久保木愛弓容疑者(31)別の患者の殺害容疑で再逮捕

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする