【京都】高野川に取り残された一頭の「シカ」 果たしてその命運は?

近畿地方は大雨でかなりの場所で避難勧告が出ています。

そんな中、増水した「高野川」に取り残された一頭のシカ!

このシカの命運は?

スポンサーリンク

大雨で増水した高野川にシカ1頭が取り残されているのが見つかった

5日午前10時半ごろ、大雨で増水した高野川(京都市左京区)にシカ1頭が取り残されているのが見つかった。


大雨で増水した川に取り残されたシカ

近所の住民や駆け付けた左京区役所の職員らが見守る中、シカは自力で濁流を泳いで岸にたどり着き、河川敷の茂みの中へ歩き去った。


濁流の中を泳ぐシカ

濁流を泳ぎ切り、河川敷に立つシカ

シカが取り残されていたのは、高野川にかかる馬橋の上流約100メートル地点の右岸。体長約1・2メートルほどで、若いシカとみられる。濁流を避けるように川岸に身を寄せ、時折川岸に生えている草を食べたり、付近を歩き回っていた。
雨は降り続き、次第に川の水量も増していく。午後1時過ぎ、シカは突如濁流の中へ身を投じた。激しい流れに押されたシカはへ約100メートル流されながらも川岸まで泳ぎ切り、上陸した。
シカはその後しばらく河川敷の茂みに身を潜めていたが、何かに驚いたのか、突然走り出して再び川の中へ。濁流から顔を出して反対側の高野川右岸まで泳ぎ、河川敷を駆け上がると、そのまま歩き去った。
京都市動物園の坂本英房副園長は「シカは泳ぐのが得意。それでも、この濁流をよく頑張って泳ぎ切った。がんばったな、と思います」と話している。

出典;京都新聞

スポンサーリンク

いや~危なかったですね。でもシカは泳ぎが得意なんですね。知りませんでした。

シカが泳ぐ姿なんて見たことないですからね。

ま、なんにせよ良かったですね。

京都市が1万6千人に避難指示 山科で床上浸水

近畿地方では大雨が長時間続き、京都市は5日午後、大雨による土砂災害の危険性が高まったとして、同市右京区や左京区などの約6千世帯、約1万6千人に避難指示を出した。住民に早めの避難と警戒を呼び掛けている。京都府内では、八幡市、長岡京市、大山崎町で避難勧告が出された。

京都市山科区では床上浸水が発生。倒木や土砂崩れにより、西京区と北区で府道の一部が通行止めになっている。

出典;京都新聞

このように高野川は大雨でかなり増水していて非常に危険です。

土砂崩れ警報等が出されてて危ないです。

近隣の保育所とかも休園したりしてます。

近畿地方の皆さん注意してくださいね

スポンサーリンク

シカが取り残された場所は

そんなに大きな川ではないんでしょうね。

でも増水してるので近づかないようにしましょうね。

ネットの声

〇おっさんが取り残されたらヘリがくるが
さすが野生だな

〇困ったシカがいたら助けてあげましょう。

〇頑張ったな!

出典;Yahooニュース

野生でたくましく生きてるシカからしたら、何てことないんでしょうかね?

とりあえずよかったですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする