【茨城】水戸市の16歳少女 覚せい剤使用で逮捕 19歳少年と一緒に使った

16歳の高校二年の少女が覚せい剤取締法違反で逮捕。

知人の同市、無職、少年(19)方で、覚せい剤を使った疑い。

スポンサーリンク

概要


イメージ画像

スポンサーリンク

知人宅で覚せい剤を使ったとして、水戸署は4日までに、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、水戸市の少女(16)=当時、私立高2年=を逮捕し、水戸地検に送致した。逮捕は6月15日。同署は共犯関係などを調べていた。

少女の逮捕容疑は、同日午前0時から同4時ごろまでの間、知人の同市、無職、少年(19)方で、覚せい剤を使った疑い。

同署によると、少女が同日午前4時5分ごろ、家族に付き添われて同署に自首してきた。尿検査で陽性反応が出たことなどから逮捕した。少女は「好奇心から使用した」と容疑を認めている。覚せい剤は少年から入手したといい、同署が関連を調べていた。少年は別の事件で逮捕されている。
出典;茨城新聞クロスアイ

あり得ない出来事ですね。

「好奇心から使用した」と言ってるようですが、

その一回で人生終わりますよ。

19歳少年から入手したという事ですね。

この少年も16歳に

勧めたらあかんやろ?

2人とも更生施設に入るべきですね。

スポンサーリンク

10代に広がる「薬物汚染」

6月28日も福岡県の男子高校生(17)が大麻所持容疑で警察に逮捕されたと報じられている。

事件が発覚したきっかけは、この生徒がコンビニのトイレに財布を落としたことだった。

警察が調べたところ、ポリ袋入りの乾燥大麻0.5グラムが、

学生証などと一緒に財布の中に入っていたという。

出典;弁護士ドットコムnews

薬物使用者は犯罪者である、のは間違いないが、同時に「救済」しないと

ダメだと思います。

10代の子達ならなおさらですね。

ネットの声

〇16歳で薬物を手に入れられる人脈って、どうやったら築けるの!?

〇若いのに取り返しつかないぜ。

〇薬物講演会で薬物の怖さを教わりませんでしたか?

知り合いにシャブ中だったやつがいるけど、今は心臓の疾患で辞めざるをえなくなったやつがいる。まだ40なんだけどね。シャブのやりすぎは心臓にそうとうな負担があるみたいだね。自業自得だろうが。

〇地方都市ですら汚染。販売の網羅に今更ながら怖さを感じる。

出典;Yahooニュース

若いので、まだまだ更生できるはず。

もう二度とこのような過ちをしないように。

もっともっと楽しいことはいっぱいあるよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする