【兵庫】沢庵和尚ゆかりの「沢庵寺」 大根のふすま絵が奉納される

沢庵和尚にゆかりがある通称「沢庵寺」宗鏡寺にダイコンを題材にした「ふすま絵」が奉納され話題になっている。

スポンサーリンク

沢庵寺こと宗鏡寺に奉納されたふすま絵のダイコン達は楽しそう!

自由気ままに過ごすダイコンたち。
奔放すぎるのもいけないという教訓も込められている=宗鏡寺

出典;神戸新聞ネクスト

沢庵和尚にゆかりがあり「沢庵寺」の名でも親しまれている兵庫県豊岡市出石町東條の宗鏡寺に、たくあんの材料となるダイコンを題材にしたふすま絵が奉納された。京都市在住の女性日本画家、諫山宝樹さん(38)の作品で、計8枚に擬人化したダイコンや僧侶たちを生き生きと描いた。今後不定期で一般公開するという。(秋山亮太)

ふすまは、住職らが生活する庫裏用で、縦約170センチ、横約90センチの6枚と、縦約50センチ、横約90センチの2枚を組み合わせると、一つの絵になる。たくあんを作ろうと作業する僧侶たちと、漬物用のたるから逃げだし、酒やばくちを楽しむダイコンたちを、主に墨を使ってコミカルに描いている。


諫山宝樹さんが描いたふすま絵について説明する小原游堂住職=宗鏡寺

今後は寺の行事などに合わせ、不定期で披露していく。小原住職は「すてきな絵を納めていただき、本当にありがたい。寺を訪れた人に、芸術をより身近に感じてもらえればうれしい」と話している。

出典;神戸新聞ネクスト

スポンサーリンク

いや~実に面白い絵ですね。

昔放送されてた「日本昔話」に出てきそうな感じ。

この絵だけでストーリーが一話できそうですね。

それに、なんか沢庵食べたくなってきました。

この絵を描いた諫山宝樹さんとは


諫山宝樹さん

制作した諫山さんは大阪出身で、京都市立芸術大大学院を修了。在学中から東映京都撮影所で、映画に出てくる軸物やふすま絵などを手掛けた経験もあり、今は画家として制作活動を続けている。

諫山さんが以前作品を奉納した京都の大徳寺が、宗鏡寺の小原游堂住職(39)の修業先だった縁などで、3、4年前から交流しているという。2年前、庫裏が新しくなった際に諫山さんが「ふすま絵を奉納したい」と提案。小原住職がたくあん作りの時に地元の子どもらによく話すという、規律から逃れて自由気ままに暮らし続けるのはよくない、というメッセージをふすま絵に込めた。

出典;神戸新聞ネクスト

スポンサーリンク

沢庵和尚とは


出典;宗鏡寺

沢庵 宗彭の事である。

天正元年12月1日(1573年12月24日) – 正保2年12月11日(1646年1月27日)

73歳で他界する。当時としては長生きですね。

但馬国出石(現兵庫県豊岡市)の生まれ。

一般的に沢庵漬けの考案者と言われている。

元々武家の生まれですね。

将軍家光に大変気に入られた和尚

将軍家光が「最近何を食べてもおいしくない。何かおいしい物が食べたい」と言うので、

沢庵和尚は彼を東海寺に招待します。ただし、途中で帰らないでください、と約束させます。

家光は午前10時頃やって来て、沢庵和尚が何を食べさせてくれるのか期待しながら待っていま

した。しかし、昼が過ぎても、なかなか食事が出てきません。

お腹がすいて、喉も乾いてきました。しかし約束があるので、家光は途中で帰ることができません。

ようやく午後2時頃、お茶漬けに漬け物が添えて出されました。

それを家光は一気に食べ、「こんなにおいしい物は初めて食べた。これは何だ」と聞くと、

沢庵和尚は「それは、禅寺に伝わる貯え漬けです」と答えました。

すると家光は「これは貯え漬けにあらず、以後これを沢庵漬けというべし」と名づけました。

これはまた、家光の日頃の美食を戒めるための沢庵和尚の教えでもありました。

これが沢庵漬けが世に広がった始まりというエピソードがあります。

この沢庵和尚はかなり色んなエピソードがある。

宮本武蔵の話にも出てきたりかなりの有名人ですね。

スポンサーリンク

沢庵寺の場所

私は大阪在住なんで、近いですね。

一度行ってみようと思います。

とりあえず沢庵食べますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする