【愛知】名古屋 栄の「丸栄百貨店」 75年間の歴史に幕 別れを惜しむ大勢の客が沿道を埋め尽くす

75年もの歴史がある百貨店「丸栄」が閉店。

閉店前のセレモニーでは沿道を埋め尽くす客でいっぱいになった。

別れを惜しんでの事でしょうね。

スポンサーリンク

75年の歴史に幕


出典;中京テレビ

名古屋・栄の百貨店「丸栄」が30日夜、閉店し、75年間の歴史に幕を下ろしました。

営業最終日の30日、閉店前に行われたセレモニーには、沿道を埋め尽くすほど、大勢のお客さんらが集まり、別れを惜しみました。

午後7時半前、「永年のご愛顧、誠にありがとうございました」と記された特注の赤い横断幕が引かれ、75年の歴史に幕を閉じました。

元従業員は、「さびしいかぎりです。なくなるとは思っていなかったので」「青春時代を過ごしたお店でありがとうございました。長いこと。」などと話していました。

今年9月に店舗の解体工事が始まり、新たな商業施設に建て替わる予定です。

出典;中京テレビ

スポンサーリンク

丸栄は75年も前から営業してた老舗の百貨店だったんですね。

江戸時代から400年の長い歴史がある呉服店「十一屋」と「三星」が合併して1943年に前身の「丸栄」が誕生した。

それ以来75年もの間営業を続けてきた。

「丸栄」名前の由来は

「名古屋栄の地で丸く栄える」の意味を込めて命名されたという。

名古屋の栄に根差した百貨店だったんですね。


出典;Wikipedia

スポンサーリンク

1943年は戦時中に開業

どんな年かググってみたら、この年はまだまだ戦時中で、満州国がとか、ニューギニアのブナで日本軍全滅とかこんなニュースばかりでしたね。

こんな時に百貨店開業って当時の疲弊してた当時の日本ではかなり明るいニュースだったんではないですかね?

ネットの声

〇こういうデパートって何かしらの思い出があって、おもちゃ売り場でおもちゃ買ってもらってデパートの食堂でお子様ランチ食べて屋上遊園地で乗り物乗ったり、ペットショップで犬猫や鳥みたりたまに来るヒーローショー見たりとか楽しい思い出が、多いよね。
もう、屋上遊園地やデパートの食堂とかあるデパートなんて数える程しかないのだろうね。

〇あって当たり前な物がある時無くなると凄く違和感や寂しさ、喪失感あるね。

〇仙台市の丸光だって同じ運命を辿った。
百貨店は社会的使命を果たしたと思う。

〇一時期名古屋にすんでいたけど、松坂屋、三越、丸栄、名鉄、高島屋の4M1T何て言うのをいかけたことがあるけど、松坂屋は別格で丸栄はデパートと言うよりもファッションビルで差がありすぎたと思った。
場所的には悪くなかったんだけどお店の雰囲気が劣っていたと思う。

〇屋上にあった観覧車、確か日本最古の観覧車でしたよね。

出典;Yahooニュース

長い間ご苦労様でした。今後は新たな商業施設になる予定です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする