ソフトバンクの初代「お父さん」のカイくん16歳 老衰のため亡くなる 引退後の余生はどうしてたのか?

ソフトバンクのCMでお馴染みの初代お父さん「お父さん」カイ君が

老衰のため亡くなりました。

スポンサーリンク


出典;日刊現代デジタル

上戸彩(32)や樋口可南子(59)らが出演するソフトバンクのCMで、初代「白戸家のお父さん」を務めた北海道犬の「カイくん」が、28日未明、老衰のため16歳で亡くなった。

2007年から14年まで同CMに出演し、写真集やDVDも発売され、お茶の間の人気者だったカイくん。“現役”を退いてからの“余生”をどのように過ごしていたのだろうか。

カイくんが所属した「湘南動物プロダクション」の担当者が言う。

「引退してからも食欲旺盛で、プロダクションがある(千葉県)成田で、約120匹の仲間と元気に過ごしていました。体調を崩したのはここ2、3日です。さすがに高齢なので、カイくんの好物だった“から揚げ”は与えませんでしたが……。一番の思い出? 全てが思い出ですが、『白戸家10周年』で昨年CM放送された回顧録ですね。運命を感じました」

きっと、カイくんが天国から「白戸家」に温かいアドバイスを送ってくれるだろう。
出典;日刊現代デジタル

スポンサーリンク

今まではこの「カイ君」がCM出演してる姿が印象的でしたが、

今はカイ君の息子である2代目、海斗くんがCM出演してます。

引退してからも120匹の仲間と元気に暮らしていたという。

食欲も旺盛だったと。

体調を崩したのはここ2、3日の事らしく、生前の雄姿が思い出されますね。

でも犬にとって16歳ってかなりの高齢になるんですよね。?

カイくんみたいな大型犬で16歳というと、「91歳」になるみたいですね。

大往生じゃないですか!

亡くなる直前までは元気にしてたらしいですし、

カイ君にとって良い犬生を送れたんでしょう。

今までありがとう!

安らかに眠ってください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする