【神奈川】「国の重要文化財クラス」の土偶 菩提横手遺跡 ほぼ完全な姿で発掘される

縄文時代後期の土偶が神奈川県秦野市の菩提横手遺跡でほぼ完全な姿で発掘された。

スポンサーリンク

縄文時代のロマン ほぼ完全な姿で発掘


出典;カナコロ

かながわ考古学財団は29日、神奈川県秦野市菩提の菩提横手遺跡から、縄文時代後期のものとみられる土偶1体が出土した、と発表した。大型で自立し、内部が空洞の中空土偶で、ほぼ完全な姿で発掘されるのは珍しく、専門家は「国の重要文化財クラス」と高く評価している。

同財団によると、同遺跡は約3500年前の住居跡で、新東名高速道路建設に伴い発掘調査が行われている。5月中に頭部と胴部、腰部などがそれぞれ離れた場所で相次いで発見。左腕部と左脚部は見つからなかったが、復元に成功した。高さ約25センチ、幅は推定で約12センチ。通常は高さが20センチ以下という。

同様の土偶は県内では綾瀬市の上土棚南遺跡、平塚市の王子ノ台遺跡でも発掘されているが、顔や腰から下の部分がないなど、全身像は不明だった。それだけに全身像が分かる今回の土偶について、日本大大学院の鈴木保彦講師は「国の重文クラスの優品だ」とコメントしている。

同財団は横浜市歴史博物館で7月3~8日、秦野市立桜土手古墳展示館で10月23日~11月4日、それぞれ土偶を公開する。
出典;カナコロ

スポンサーリンク

縄文時代後期とは約4,500 – 3,300年前

この次が古墳時代です。

3世紀半ば過ぎから7世紀末頃までの約400年間を指すことが多い

と言われています。

なので、かなり昔ですよね。

こんなほぼ完全な形で発掘されるのは、かなりレアなケースですよね。

4500年も前に作られ、何かしら保存状態が良くて2018年まで綺麗に残ってたって

ロマンがありますね。

簡単に言うと「土偶」は縄文時代です。これが古墳時代になると「埴輪」になっていきます。

土偶のほうがはるかに古い時代に作られたという事です。

国の重要文化財になりえる訳ですね。

縄文人が製作した土偶は、縄文時代の全期間を通して日本列島各地で満遍なく使われていたのではなく、時期と地域の両面で限定されたものであった。すなわち、縄文早期の更に前半期に関東地方の東部で集中的に使用された後、縄文中期に土偶の使用は一旦消滅している。その後、縄文後期の前半に東日本で再び土偶が使用されるようになる。一方、それまで土偶の使用が見られなかった九州においては、縄文後期になって九州北部および中部で土偶が登場している。

出典;Wikipedia

スポンサーリンク

土偶が発掘された場所は?


市指定史跡 桜土手古墳群です。

ネットの声

〇土偶って夢あるなあ
加工する事を覚えた頃の時代にこんなデザインを考えていたなんて

〇素朴でかわいい。

〇アニメキャラにいそう。

〇ぶたの鼻に見える!

出典;Yahooニュース

ロマンのある発掘、ありがとうございました。

皆様もはるか昔の日本に思いを馳せてみてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする