【中国】ジャイアントパンダ「ウェイウェイ」が虐待されている 健康被害も

中国でパンダの虐待が起きている。

中国湖北省の武漢市動物園は19日、パンダを「虐待」したとして飼育員を停職処分に。

スポンサーリンク

概要

中国で「国宝」と呼ばれるパンダの受難が相次いでいる。中国湖北省の武漢市動物園は19日、パンダを「虐待」したとして飼育員を停職処分にし、調査を始めた。パンダに健康被害が出ているという。

武漢市動物園の発表や中国メディアの報道によると、被害を受けたのはジャイアントパンダの「ウェイウェイ(偉偉)」。飼育員には、たばこを吸いながら世話をした疑いのほか、パンダ舎の気温が34度になってもエアコンを入れなかったり、アリがたくさんついたリンゴや質の悪い竹をエサとして与えたり、といった数々の「虐待」疑惑が持たれている。ウェイウェイの体には、手足の毛が抜け、鼻が白く変色するといった異変が出ているという。

ウェイウェイはもともと四川省のパンダ保護研究施設で飼育されていたが、2008年5月の四川大地震で施設が被災。パンダの飼育経験が長い武漢市動物園が引き取り、育てていた。

パンダを巡っては今年1月にも、四川省の「成都ジャイアントパンダ繁育研究基地」で目の周りの毛が抜け白い皮膚が露出したパンダがネット上で注目を集めた。施設側は虐待を否定したが、原因はまだ明らかになっていない。(上海=宮嶋加菜子)

出典;朝日新聞デジタル

これは酷い!アリのついたリンゴや質の悪い竹を餌として与えたりと数々の虐待を受けたという。

虐待を受けたウェイウェイは手足の毛が抜け、鼻が白く変色するといった「健康被害」が出ているという。

スポンサーリンク

中国では虐待の恐れのあるパンダが続出

パンダを巡っては今年1月にも、四川省の「成都ジャイアントパンダ繁育研究基地」で

目の周りの毛が抜け白い皮膚が露出したパンダがネット上で注目を集めた。

施設側は虐待を否定したが、原因はまだ明らかになっていない。

このような報告が近年増えている。

日本でもそうですが、動物虐待にも厳しい罰則をするべきですね。

犯罪につながるケースもあると思いますよ。


武漢市動物園での「パンダ虐待」を伝える中国紙「人民政協報」のネットニュース。写真のパンダがやせすぎていると報じた=上海市、宮嶋加菜子撮影
出典;朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

中国では「国宝」のパンダ

中国はジャイアントパンダを「国宝」として扱い、手厚く保護している。

パンダは生息する個体の数が少ないため、その糞ですら希少価値は高く、パンダの糞を肥料と

して栽培したお茶も破格!

ここまで大事にしているパンダに何故「虐待」なんてするのか?

中国政府で手厚く保護すべきではないのか?

ウェイウェイのいる中国の武漢動物園

武漢動物園に行かれたら是非パンダを見てもらいたいですね。

ちゃんと大事に扱われてるか?

餌は良質なものをもらってるかをチェックしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする