【速報】東北新幹線 原因は「鳥」だった 影響受けた乗客数は計15万人

テレビで報道されてて心配してましたが、

原因はなんと鳥が衝突し停電!緊急停車したみたいですよ。

スポンサーリンク

原因は「鳥」

◇影響受けた乗客数は計15万人に

17日午後1時56分ごろ、東北新幹線下り線で、東京発新函館北斗・秋田行きのはやぶさ・こまち21号(17両)が宮城県内の仙台-古川間を走行中、停電のため非常ブレーキが作動し、緊急停車した。停電はまもなく復旧したが、点検が長引き、車両は現場に立ち往生した。このため東北、秋田、山形の各新幹線は全線で5時間以上、運転ができなくなった。点検と車両移動が終わった午後7時40分、全線で運転を再開したがダイヤは終日乱れた。

JR東日本によると、ダイヤの乱れは一部の上越、北陸、北海道の各新幹線にも及び、影響を受けた乗客数は計約15万人に達した。

同社が調べたところ、12号車のパンタグラフと車両の接続部分に鳥がぶつかった痕跡があったといい、鳥の衝突によるショートが停電の原因とみられる。停電が復旧した後も、非常ブレーキが元に戻らない状況になったこともあり、点検作業が長引いた。同社は午後3時15分ごろから、現場に隣接する上り線にはやぶさ22号を横付けし、乗客797人に移ってもらい、仙台駅に運んだ。

出典;毎日新聞デジタル

テレビ報道みてたら、乗客が駅にごったがえしていて、かなり大変そうだでした。

巻き込まれたお客はかなりかわいそうでした。

皆様無事帰宅できたのでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする