【速報】山陽新幹線 ボンネットにひび、そこから人体の一部が見つかる トンネル内で人を跳ねたか?

山陽新幹線 小倉駅でのぞみ号のボンネットが大きく割れているのが見つかった。

更に、割れ目から人体の一部が見つかったということです!

トンネル内で人と接触か?

スポンサーリンク

概要


出典;FNN PRIME

14日午後、山陽新幹線の小倉駅で、のぞみ号のボンネットが大きく壊れているのが見つかった。
トンネルで人と接触したということで、警察などがくわしく調べている。

新下関駅の上空からは、新幹線のボンネットの一部が割れていて、血のようなものがついているのが確認できた。

ボンネット部分の破損が見つかったのは、博多発東京行きの新幹線「のぞみ176号」。

JR西日本によると、14日午後2時10分ごろ、小倉駅に到着した対向列車の運転士が、のぞみ176号のボンネット部分が壊れているのを見つけた。

この車両は、そのあと、1つ先の新下関駅で停車し、緊急点検を行ったところ、ボンネットから人体の一部が見つかったという。

この影響で、山陽新幹線は、小倉駅 – 博多駅間の上下線で運転を見合わせている。

のぞみ号のボンネットが大きく割れていて、血のようなものがついているということです。

ボンネットの割れ目から「人体の一部」がついていた、ということですが、目視でわかったのかな?人体のどこが見つかったのか?怖い出来事ですね。

そんな簡単にトンネル内部に入れるのか??

もしホントに人を跳ねたのなら、新幹線の線路を探せば何かしらの痕跡がみるかるのでは??

警察が調査中とのことですが、果たして、自殺なのか?事故なのか?

ネットの声

〇だいたい何で新幹線のトンネル内に人がいたんだろう。普通の電車と違って簡単にははいれないと思う。

〇徘徊してたのかも。
身元確認するのが大変だろうね。

出典;Yahooニュース

ホント、何故新幹線の線路内に入れたのか?って疑問がでますよね。。。

関連;山陽新幹線 死亡していたのは52歳の介護士の男性だった

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする