東大阪のごみ処理施設が電気売って金額9億収入に 素晴らしいですね。

東大阪のごみ処理施設が、なんと発電された電気で、9億円も収入があったと発表がありました。

素晴らしいですね。発電効率が良くて、近隣住民とのトラブルもないというので、

ホントに素晴らしいですね。

スポンサーリンク

あっぱれですね!素晴らしい!!

 大阪府東大阪市は、昨年本格稼働した市内のごみ処理施設で、平成29年度に余熱を使って発電された電力による収入が約9億円にのぼったと発表した。当初の想定より数億円多いといい、担当者は「思った以上に発電効率がよく、トラブルもなかったため」としている。

このごみ処理施設は東大阪都市清掃施設組合が運営する第五工場。同市と大東市のごみを焼却する際の余熱を利用し、蒸気タービンを稼働させることで発電。昨年3月から稼働しており、環境省によると、発電機を設置する全国のごみ処理施設のうち、西日本では最も発電効率がよい施設とされている。

同組合によると、昨年度に第五工場で発電された電力約9500万kWh(キロワットアワー)のうち、約7400万kWhを関西電力に売った。9億円の収入は、ごみ処理施設で年間約40億円かかる運営費の一部にあてられるという。

出典;産経デジタル

ごみ処理施設で、発電により9億円も収入があれば、年間40億円かかる運営費も軽減され素晴らしいですね。

日本の全てのごみ処理施設でも同じような取り組みをすればかなりの節約になるのではないか?

さすが東大阪ですね。

スポンサーリンク

ネットの声

〇もう、各家庭や各企業が其々発電する時代なのかも。
石炭燃やして発電したり、プルトニウム持ち込んで発電する時代は終わるのかも。

〇効率が良いだけでなく、燃焼温度が高くて排煙に含まれる有毒ガスの
濃度も昔の者よりずっと低いと聞いたことがあります。
全国にある古い施設のリプレイスがもっと進んでいくと良いですね。

〇もう原子力発電を推進する電力会社に依存しない電気事業が成立する時代にやっと来たんだろうね。

〇効率が一番良いのなら
他の処理施設もこれから作るところも
視察でもして東大阪の実績を生かして欲しい。
出典;Yahooニュース

日本全国、東大阪を見習うべきですね。素晴らしいですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする