【広島】崖崩れに巻き込まれ川に転落、高校教師の政綱浩美さん(57)が死亡

広島県立加計高校の教諭が、不幸にも崖崩れに巻き込まれ死亡する事故がありました。

梅雨入り宣言したばかりの中国地方での事故ですが、本当に不運な事故でした。

スポンサーリンク

概要


出典;TBSニュース

崖崩れにより、柵がなぎ倒されています。


出典;TBSニュース
そしてすぐ下の川では潜水士が捜索にあたっています。

スポンサーリンク

6日夜、広島県安芸太田町の国道で崖崩れに巻き込まれて車が川に転落し、町内の高校に勤務する57歳の男性教諭が死亡しました。

警察などによりますと、6日午後8時前、広島県安芸太田町津浪で国道191号沿いの斜面が崩れ、乗用車1台が巻き込まれて道路わきの川に転落しました。警察と消防が捜索していたところ、およそ9時間後の7日午前5時すぎ、200メートルほど下流の川の中から町内にある県立加計高校の教諭・政綱浩美さん(57)が心肺停止の状態で見つかり、病院で死亡が確認されました。

政綱さんは、学校から広島市内の自宅に帰宅する途中で、1人で車に乗っていたとみられます。

出典;TBSニュース

自分の身に置きかえてかんがえると、ホントに不運で、可哀そうな事故ですね。

崖崩れに巻き込まれる確率も、そんなに高くないはずです。

帰宅途中でがけ崩れにまきこまれて、

更に車ごと川に転落し、流されて9時間後に見つかったということですが、

不運としか言いようがないですね。。。

中国地方は5日に梅雨入りしたばかり

中国地方は5日に梅雨入りしたばかりで、かなりの降水量があったのでしょうか?

地盤が緩み、がけ崩れが発生したんでしょうね。。

スポンサーリンク

政綱浩美さんが勤務していた高校です


不幸にして亡くなった政綱浩美さんの追悼の会をされるでしょう 。

生徒や教員たち、ご家族のショック、あまりにも突然の死に驚きを隠せないでしょうね。。

心よりご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする