【熊本】「刃物でけがをしている」と警察に通報 警察官発砲 容疑者死亡

熊本で刃物を持った男が男性が切りつける事件がありました。男性は頬を切りつけられていて、男は逃走。果たして何があったのでしょうか?

スポンサーリンク

概要

警察によると、この男は28日夕方、刃渡り15センチの刃物で、同じアパートの上の階に住む65歳の男性を、アパートの駐車場で切りつけたということです。

下に住んでる容疑者が、上の階に住む被害者を切りつけるって、いわゆるご近所トラブルですかね?

そして通報で駆けつけた40歳の男性巡査長が、そこから400メートル離れた場所で、刃物を持った30代とみられる男を発見しました。「止まれ」と警告を受けたものの、
男は警察官を地面に倒して馬乗りになり、顔を切りつけました。
巡査長が発砲した5発のうち4発が上半身と腕に当たり、その後死亡しました。

顔の3か所を切られた警察官は重傷、アパートの駐車場で襲われた男性は顔に軽いけがをしています。

熊本東警察署の発表では、「被害者と警察官の生命に危険が及んだ状況で、拳銃使用はやむをえなかったと考えるが、事実関係は確認中」ということです。

この巡査長はそうとう恐ろしかったでしょうね。馬乗りになり、顔を切りつけられたということです。

いや~。。恐ろしい事件が起こりましたね。死亡したのは、熊本市東区の職業不詳の36歳の男ということです。詳細はわかってません。

警察官は重症って。ホント気の毒ですね。大丈夫でしょうか?心配ですね。

私個人の意見ですが、拳銃使用は正しかったと思いますよ。

スポンサーリンク

出典;FNN PRIME

路上に落ちた警察官の帽子と、刃物。事件の生々しさを感じ取ることができますね。

もっと詳しく

まず、パトカーで容疑者を発見、「止まれ」と警告、容疑者は警察官に向かって刃物を振りかざしてきたため、まず2発発砲、それでも容疑者は刃物を離さず、警察官に馬乗りになり刺していたということです。もう一人いた警察官も制止する際に指を切られたということです。

最後に馬乗りになられた警察官が発砲し、やっと容疑者の動きが制止され、死亡が確認されたということです。

目撃者の話


出典;TBSNEWS

目撃者の話では、容疑者の「血の量がすごかったので見ていられなかった」ということです。公衆の面前で起こった惨劇、本当に恐ろしいですね。
この事件は容疑者名等不明な点が多く、続報が入り次第追記していきますね。

スポンサーリンク

ネットの声

〇そのための拳銃です。
ケガされた警官が無事だといいが。

〇記事に詳細が書かれてないので断言はしませんが、おそらくは何も問題の無い正当な行為。警察官の方の英断を評価いたします。

〇安全の確認が出来たのなら
日本の警察官はもっと発砲しても良いと思う・・・
最近は頭のおかしい凶悪な事件が日常的になってるからね

〇文句言う人は絶対出てくるとは思うけど、発砲は仕方ないと思う。むしろ市民を守ったよ

〇自業自得だと思う。
ただ、撃った警官の今後の事をフォローしてあげて欲しい。

出典;yahooニュース

今回、拳銃使用やむなしの声が多数出てますが、私もそう思います。
顔を怪我されて重傷とのことですが、心配です。早く良くなりますように祈っております。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする