【神奈川】90歳女性が歩行者を次々とはね、4人死傷

神奈川県茅ケ崎市で90歳女性の運転する車で、歩行者を次々とはねる事故が起こりました。
最近高齢者の運転が問題になってますが、90歳が未だに運転してる事自体に驚きました。

スポンサーリンク

概要

神奈川県茅ケ崎市で乗用車が歩行者を次々とはね、1人が死亡して3人がけがをした事故で、警察は運転していた90歳の女を逮捕しました。


出典;テレ朝ニュース

無職の斉藤久美子容疑者は28日午前11時前、茅ケ崎市元町の国道1号で横断歩道などにいた4人を次々にはねた疑いが持たれています。この事故で、市内に住む松浦久恵さん(57)が死亡して3人が軽傷を負いました。警察の調べに対して、斉藤容疑者は「赤信号と分かっていたが、横断歩道に誰もいないと思い、通過しようとした」「歩行者が見えて慌てて左にハンドルを切ってしまった」などと話しています。警察は斉藤容疑者の信号無視が事故の原因とみて、さらに調べています。

事故があったのはJR茅ヶ崎駅近く、人通りの多い国道の横断歩道でした。
目撃者の話では、
「歩行者が青信号で渡っていたが、赤い車がすごいスピードで来た」という事でした。

斉藤久美子容疑者は事故の直前、現場から数メートルの所にある知り合いの整備工場に立ち寄ってました。用事が終わると工場のスタッフがバックで車を通りに出し、斉藤久美子容疑者に運転をかわり、その直後事故がおきました。

スポンサーリンク


出典;テレ朝ニュース

警察の取り調べで「急いでいた。赤信号と分かっていたが歩行者が渡り始めていなかったので、いけると思った」と話しているという。


出典;テレ朝ニュース

レッカー移動される斎藤容疑者の車。
ボンネットは剥がれ、ダイヤもバーストしています。
横断歩道で人をはねた後、どこかにぶつかったんでしょうか?

斎藤容疑者は今年3月に免許を更新し、高齢者講習や適性検査も受けていたという。

高齢ドライバーによる事故は後を絶たない

自覚症状のない認知症のドライバーや、単純に視力の低下、アクセルやブレーキの踏み間違いもあり、加齢による症状は様々です。どれだけ気を付けてても、事故してからでは遅いです。
高齢ドライバーは勇気をもって免許証を返納しましょう。

斎藤容疑者の長男(62)は、母は50年以上運転しているので、大丈夫だと思っていた」とした上で、「年をとって判断力が低下したという自覚もなく、若いままのつもりだったと思う」という事でした。

この息子さんのお話、高齢の親御さんを持つ方は、皆さん同じことを思われてるでしょうね。
私の母は72歳になります。車は運転しないのですが、駅の階段を急いで降りようとして転げ落ちるという事がありました。幸いにも足の小指を骨折で済みましたが、もう若くないんだから、若いつもりの行動は止めるよう話しましたよ。

スポンサーリンク

ネットの声は

〇赤信号とわかっていて止まらないとか怖すぎる。

赤信号わかっていたけど、行ってしまえって判断、歩行者いたからハンドルを左にきった、
赤ならいかない!それでも、歩行者を確認したら、まずブレーキでしょ!
元気なお婆ちゃんはわかるけど、やはり、正常判断、身体的な反射は大部衰えてる、自覚も少ないと思うから、高齢者の免許証更新は基準を厳しくしないといけないと思うよ!

〇うちの親も俺は大丈夫だと言っていて、運転やめさせることが出来ない。何とかならないものかと思う。

〇免許更新できたのだから、最低限の運転技術はあったのでしょう。だからこそ、年齢による事故ではなく、故意の信号無視による殺人事件です。
厳しく罰してください!

出典;yahooニュース

今、日本の高齢化に伴い、免許制度も見直す時期かもしれませんね。
今回の事故も他人事にはおもえないですね。
どこの家庭でも起こりえます。皆さん気を付けましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする