警察の不祥事 「無言の圧力を感じた」白バイ隊員違反見逃し

呆れる警察官の不祥事です。交通違反をした警部補を見逃していた白バイの巡査長。その際に警部補が取った行動は?一体何があったのでしょうか?

スポンサーリンク

概要


出典;テレ朝news

同僚の交通違反を見逃したなどとして、警視庁は白バイ隊員など警察官2人を懲戒処分にしました。

警視庁の白バイ隊員の男性巡査長(27)は同じ交通機動隊の男性警部補(45)が交通違反をしていたにもかかわらず、必要な手続きを取らなかった疑いが持たれています。警視庁によりますと、警部補は休みで車を運転していて、白バイの巡査長に違反を指摘されると警察手帳を見せていました。

出典;テレ朝news

巡査長は「見逃してほしいとの無言の圧力を感じた」と話しています。


出典;テレ朝news
警視庁は巡査長を停職1カ月、警部補を訓戒の懲戒処分とし、2人を犯人隠避の疑いなどで書類送検しました。

出典;テレ朝news

スポンサーリンク

う~ん。。これは如何なものでしょうか?
交通違反で警察手帳を見せるというのもおかしな話ですよね?
普通は免許証じゃないですかね?
何故警察手帳を見せる必要があったのでしょうか?
警察手帳を見せてる時点で「見逃せよ!」って言ってるようなものじゃないんですかね?

今から30年前の話・・

これは私の体験談で実話です。

私の同級生の父親が警察官でした。
彼には弟がいて、かなりやんちゃ坊主で、近所でも有名でした。
傷害事件や万引き等を繰り返してましたが、一切逮捕されてない事に同級生の友人は悩んでました。
何故逮捕されなかったかというと、父親の同僚の「忖度」があったみたいです。
この父親も「うちの息子を正してくれ!逮捕してくれ」と言ってはいたのですが、一度も逮捕されず。
結局、やんちゃ坊主の弟は一度も逮捕される事はなく、遠い親戚の所に預けられる事になりました。

この警察官の家族もかなり悩んでました。
父親は警察官なので正義感はかなりの物でしたし、プライドもあったのだと思います。
我が息子の悪事を自分で逮捕して突き出しても、結局周りの忖度が働き何もなかったことにされてしまってましたね。。。

その当時はまだネットやスマホも無い時代で、情報が世の中に広がらなかったんだと思います。
今は誰でもスマホ持ってますし、警察官の不祥事はすぐに広がりますよね。

私は警察官が、もたれあい、かばいあいをしてるとは思ってません。
ホントの一部の警察官だけであると思ってます。
同級生の苦悩する姿を見てますし。。。
基本的に警察官は正義感が強く、法を守ってると思ってます。

スポンサーリンク

ネットの反応は

〇いや名前と顔出せよ。山口メンバーはフルオープンだったぞ。

〇普通の会社ならクビ、懲戒免職

〇警部補のほうは無言の圧力というより脅迫じゃないの?
これは重大な犯罪だと思うのだが・・
名前出して刑罰課すようにしないと無くならないよ

〇白バイの行動もカメラで勤務中は全て撮影して抜き打ち検査でチェックする方式にして欲しいよね

〇身内にはホント甘いよね〜〜警察って。
ホント信用ならんわ。

出典;Yahooニュース

かなり辛辣な意見が多いですね。
警察は正義の味方であるべきだと思いますし、このような事をしてはいけないと思います。
警察内部のチェックを厳しくしてほしいものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする