【アメリカ】去年9月のオレゴン州の山火事で、15歳少年に40億円の賠償命令

アメリカでとんでもない金額の支払命令が出されてびっくり!!
昨年9月、当時15歳の少年に対して、40億円の支払い命令が出されました。何故こんな事になったのでしょうか?

スポンサーリンク

出典;テレ朝ニュース

概要

5/23(水) 17:22配信
山火事の原因をつくった少年に約40億円が請求されました。

去年9月、アメリカ・オレゴン州でハイキングをしていた当時15歳の少年が花火を森に投げ入れ、約200平方キロメートルが焼ける大規模な山火事が発生しました。オレゴン州の裁判所は21日、少年に日本円で約40億円に及ぶ賠償金の支払いを命じました。少年の弁護士は「過剰な請求」だと反論しています。少年は今年2月に罪を認めていて、5年間の保護観察と1920時間の奉仕活動が言い渡されていました。
出典;テレ朝ニュース

う~ん。。
当然といえば当然かもしれませんが、支払い能力のない少年に40億円の請求ですか。
この少年は花火を森に投げ入れた事は認めています。しかしどうやって支払うのでしょうか??


出典;テレ朝ニュース

少年の弁護士は「過剰な請求だ」と反論してるとのことですが、結果的に被害は甚大ですよね。山火事ってどのくらいの損害が出るのでしょうか?調べてみます。

スポンサーリンク

山火事の主な損害

山火事の消化には、航空機やヘリコプター、消防車による散水がある。
これだけでもかなりの費用が掛かりそうですよね。
今回、200キロ平方メートルという広大な広さだったので、消化に掛かった費用も桁違いなってしまうのでしょうね。

鎮火の方法は他に、樹木を帯状に伐採して防火帯を形成して自然鎮火を待つといった方法がある。近年アメリカでは、人命に被害が及ばない場合、自然鎮火を待つこともあるらしいですね。

山火事は太古の昔から。。。

山火事は太古の昔から起こっていた現象で、成長しすぎた森林が焼け落ちることで新しい樹木の誕生を促していたと推測されている。しかし人類が火を使用し始めてから、人為的要因によって発生する山火事が増加し、被害を発生させるようになった。
出典;Wikipedia

余談ですが、人類が火を使うようになったから、山火事が増えたんですね。
当然落雷や自然発生的な火災もあったのでしょうね。それは現在も同じですね。

スポンサーリンク

ネットの声

〇ちょっと前に19歳の警官が上司の警官を射殺した事件
それも衝動的ではなく後ろから狙いすましてパスン、パスン、パスン・・・
アメリカだったらどんな判決が出てたんだろう・・・
未成年に激アマな日本も米を見習った方がいいですね

〇アメリカの裁判所はモラルの部分は厳しく取るからねぇ・・・
あと、焼失面積が約200平方キロの広さだと林業関係者の私有林
とか製材所、ワインの醸造所なんかも含まれていたのかもしれない
少年に支払い能力が無いのは明らかだとしても、訴えた方は
事業再建にあたり、判決により名目だけでも債権者になり、融資で
出来るだけ不利な扱いになるのを回避したいと言うのもあるだろう

〇例えばイジメでもそれ相応の罰則が有ってもいいと思う
昔のバスジャックの少年もイジメられっ子だったのに
イジメっ子は何の罰も受けていないから
日本は正義が無さ過ぎるから

この火災の時は火事エリア隣のポートランドに住んでいた。まあ、迷惑千万、暫く空から灰が雨のように降ってきて、大変だった。
だけど、警察は頑として少年の身元公表を拒んだそう。曰く、殺される危険があると。

日本ならどうだったのだろうか・・と、考えてしまった・・。相手は未成年〜少年・・刑法・民法の判断は?
日本人の感覚ではこんなバカな判決なんてナンセンスとか思ってしまいがちだが・・殺人・傷害・(あおり運転とかによる死亡事故にしても)・ネット絡みの詐欺・薬・諸々・・被害者やその関係者の一生を狂わせる割に未成年に対してペナルティは??といつも思ってしまう・・。罪を犯せばその償いから一生逃れられないことだってある・・と、思い知る結果もあるよ・・と。
子供には更生のチャンスは必要と思いつつなんかモヤモヤした心境・・。
これは未成年に限った事ではないが・・
日本では無期懲役といっても一生刑務所から出られないわけでは無い・・アメリカなら懲役200年なんて判決があるが・・など考えさせられてしまった・・
出典;yahooニュース

賛否はありますが、過失でここまでの被害。
更に過失をしたのが15歳少年であるということ。
40億円の支払い命令。

かなり考えさせられますね。。。

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする