自宅庭に富士山を作った男 佐藤正男

福島県田村市に住む佐藤正男さん(72)が自宅の庭に高さ約11メートルの「富士山」を造り、地元の話題になっている。

スポンサーリンク


ついに完成?スケールが大きい夢

自宅庭に富士山を作ってしまうというあまりにも大きな夢を実現した佐藤正男さん(72)。
富士山制作にかかった年月は20年、土の量はダンプカー130台分!これをスコップで固めて自作したという。掛かった費用は750万!


出典;産経フォト

富士山に魅せられて息子を富士男と命名

富士山に魅せられて息子を富士男と命名した佐藤正男さん(69)は、自宅に富士山を再現した。

静岡で働いていた40代の頃、富士山の美しさに魅了され、地元の福島に戻ってきた時、自宅の庭に富士山がある夢を見た。ダンプカー130台分の土を庭に運び込み、富士山“作り”に挑む。家族は大反対したが、その後、妻が諦めて協力してくれるようになった。富士山の前に池(河口湖)も作り、逆さ富士も楽しめる。なだらかで美しい稜線の再現に苦労を重ね、現在の富士山は6代目。息子の名は富士男、車のナンバーは37―76。これは富士山の標高ですね。富士山愛に満ちている。

火口からたき火の煙を出して噴火を再現する仕掛けもあり、本格的な作りになってます。
1995年に5メートルほどの山が完成したが、満足いく形になるよう何度も造り直し、現在は6代目だそうです。


出典;NIPPON QUEST

スポンサーリンク

川口湖に見立てた池も作り、逆さ富士を再現

川口湖に見立てた池も、自宅庭に作成し「逆さ富士」も再現!好きこそものの上手あれといいますが、ここまで来ると表彰ものですね。素晴らしいです。


佐藤さん宅の逆さ富士

池には古い漁船があり、「露天風呂」にする予定だそうです。
今はまだ水しか出ないが、いずれはお湯を入れて富士山見ながら露天風呂の予定でしょうか?


露天風呂

地元でも評判に!

今では地元の特別支援学校の生徒や、老人ホームの入所者がバスで訪れる名所になり、「みんなに喜んでもらえると、やって良かったと思う」と佐藤さん。今後は「反対側の静岡県側から見た山の形を整えたい」と名峰の美を追求し続ける。
ということは、まだまだ未完成?将来的には樹海も作りたいとおっしゃってます。

福島にお越しの際は一度見に行ってみたいですね。

〒963-4315 福島県田村市船引町春山駒場513−2

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする